毎月1回、乳がんの自己検診を行いましょう

乳房の張りが少ない「月経終了から1週間後」くらいの時期に、乳房を自分でチェックしましょう。

(1)視診
乳房の表面に、「ひきつれ・くぼみ」や「腫れ・もりあがった部分」「乳首のただれ・へこみ」などの異常がないかどうかを鏡でチェックします。両手を下げた状態、上げた状態の両方で、それぞれ確認します。



(2)触診
乳頭を指でつまんで、血の混じった分泌物が出ないかどうかを確認します。

乳房はつままず、指を揃えて「乳頭を中心とした、らせん状」「上下・左右」の順番に指を動かし、しこりや固い部分がないかどうかをチェックします。鎖骨の下や、脇の下まで広い範囲を確認するようにしてください。
乳房の大きい人は、入浴中に立った状態で調べるよりも、仰向けに寝た状態で背中にタオルなどを入れ、少し反った状態で行うと、より正確に調べることができます。



気になる症状が見つかったときは、早めに乳腺外科を受診しましょう。
しこり、痛み、血の混じった分泌物などの症状がある方も、その症状が乳がんによるものとは限りません。良性の乳腺繊維腺腫や乳腺症などの場合もありますので、どうぞお早めの受診で安心を得てください。

乳がんは唯一「『自分で発見できる』がん」です。
血縁者に乳がんの人がいなくても、乳がんにかかる可能性はあります。
乳房の大きさの違い(胸が大きい・小さい)は、乳がんにかかる可能性とは関連がありません。
乳がんは、早期発見・早期治療が非常に重要です。

乳腺外科へ戻る

▲ページトップへ戻る
ゆりあファミリークリニック(乳腺外科・乳がん健診・内科・皮膚科) 東京都葛飾区亀有3丁目27-27 TEL 03‐3601‐3131